« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

お昼寝も一緒です

飼い主のベッドの枕元に置いてあるテーブルがジョニーの寝床。
暑いのか、ベッドの上には来てくれない・・・

Img_0681
ベッドのポールが枕。このベッドはスティール製なので、
冷たくて気持が良いのかいつもこうしてほっぺを乗せている。

Img_0683
ずいぶん眠い様子。

Img_0685
寝ちゃうと目がどこにあるやら、一本線になります。

Img_0687
熟睡。あちこち寝違えそうで、寝違えない。
しなやかで不思議なからだです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョニー三昧の日

先週はリリが夜遊び、外泊、そして仕事が忙しくて帰宅も遅く、
シンちゃんもハードワークだったためお留守番が多かったジョニー・キャット。

この週末はたくさん遊んで、一緒にいました。

Img_0659
あそぶ?あそぶ?と爪を研ぎながらワクワク顔。

↓同じ猫とは思えないくたびれ顔 ・・・・

Img_0656
遊べるのは15分ぐらい。まだまだ暑いので、ぜえぜえ、
はひーって怖い顔になります。こうなると当然、中断。
水を飲ませて、とにかく身体を冷やします。

少し休憩したら、お次はペーパーバッグへイン。
お忙しいですね、ジョニーさん。

Img_0678
しかも何故か喉を鳴らしてご機嫌さんでした。

Img_0664
にょきっ。持ち手のヒモで首が絞まったら危険なので、
飼い主が見てる時しかこれでは遊べないからね、ジョニー。

Img_0667
と、言いきかせたら突然グレムリン顔で持ち手のヒモをガブリ。
そう・・・そうね・・・確かにそれがちぎれれば、お留守番中も
遊べるかもしれないけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

またもや小さな心配事

朝晩はめっきり涼しくなって、過ごしやすくなってきました。

今日、日課のグルーミングをしていたら、背中にグレーのような
白いような、とにかく今まではなかった毛がたくさんある!

涼しくなってきたから、早くも冬毛の準備だろうか。
ジョニーは去年の11月生まれなので、本格的に大人になって
迎える冬は今年が初めて。長毛種を飼うのがはじめての飼い主も、
ジョニーの毛がどうなるのか興味津々でしたが色まで変わるの・・・?

それとも何かのストレスによる白髪なのか。なんだとうー!
ストレスだとしたら、毎日のお留守番が真っ先に思い当たる。
シンちゃんもわたしも仕事をしているので、平日のジョニーは
朝から晩までひとりぼっち。帰宅したら毎日玄関までお出迎えで
その後はストーカーなので、淋しいんだなとは思って、家にいる時は
モフモフ&遊び&鼻ちゅんキスなどし放題なのだけれど。

ジョニーのブラザーは白い被毛の子もいたので、
その名残(?)で白い毛が生えてきたのかな・・・(と思いたい)

そんな飼い主のやきもきをよそに、大股開きで遊ぶジョニーさん。
女の子なのに、はしたないですよ。
_4130555_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラージュでござーる

一応職業がデザイナーであるリリは、愛しいはずのジョニーで
こんな悪いこともしてみます。何になっても、かわいい。(臆面もなく)

Img_0460_3
ジョニヒマワリ。もう夏も終わりですね。


Img_0458_3
ジョニトマト。威圧感タップリのみずみずしさです。


Img_0459_2
ジョニ玉焼き。ただでさえ潰すのに勇気のいる黄身が、さらなる試練に。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

はじめての発情期を終えて

1~2週間前、初めての発情期を迎えたジョニー・キャット。
生後9ヶ月、少しおとなになりました。

突然やってきた発情は4日間で突然終わり、一目見てわかる
様子の違いにメスを飼うのが初めての飼い主は驚きました。

常に喉を鳴らし、こちらの顔を見ながらぎゅうぎゅう、と訴えるような
くぐもった声で鳴き続ける。そうかと思えばアウン、アウンと
甲高い声で鳴く。床にのた打ち回って身もだえてはお尻を高く
上げて「撫でれ」。シンちゃんがマッサージしても、すればするほど
おさまるどころか余計にムラムラするようなのが見ていて
かわいそうで仕方なくて、でも、撫でずにはいられなくて。

Img_04

何もかもが恋しくなるのかずっとこちらの顔を見て訴え、
つきまとう。本能とはいえ、身体の変調にジョニー自身も
戸惑っているのがわかる。食欲も落ち、遊んで気晴らしを
させようにも、いつものキレがなく、すぐにうずくまってしまう。
何も、どうにもしてあげられずムラムラ、オロオロしたのは
わたしのほう。終わった時は心底、ホッとした。

完全室内飼いなのと、ジョニーの子供を見たい気持も
あったので避妊手術は悩んでいたが、シンちゃんと出した
結論で手術をすることにした。乳ガンや子宮の病気も、
避妊手術をしたほうが防ぐ率は上がるというし、もちろん
生まれてくる仔猫への命の責任もある。というのは
表向きの理由。

やり場のないムラムラを持て余し、どうにかしてくれと
訴えかけるようなジョニーに、どうにもしてあげられず、
わたしが耐えられないのが本当の理由かもしれない。
動物の本能の前では、人間なんて無力だとも感じた。
そして、手術を選択するのも結局は人間のエゴなのだと。

たかが発情期で情けなく、しかも大袈裟。ジョニーは
ありがたい事に健康なので発情期ひとつワーワー騒いで
しまうけれど、過酷な野良猫や病気や怪我の猫さん、
その飼い主さんの事も物思い、ともかくも少しでも、みんなが
ハッピーであればいいのにと思う。
猫や犬は、動くぬいぐるみじゃないのだものね。

 

ジョニー・キャットはいろんな事をわたしに考えさせてくれて、
教えてくれ、与えてくれる。

わたしは、ジョニーに何をしてあげられるのだろう。


| | コメント (0)

お風呂がすき

濡れるのが嫌いと聞く猫だけど、
ジョニー・キャットはお風呂で遊ぶのも自分が
シャンプーされるのも好き。いいこいいこ。

Blog020957
シッポがお湯に浸かってもへっちゃら。

_blog5040935
湯船でリラックス中の飼い主に「あそべ」

_3180449
誰もいなくても待ってますよ。
(でもタオルやマットを散らかすのは悪いこ)

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

サマーカットちゅう

この猛暑にもさもさと毛玉なジョニー・キャット。
お腹やワキのあたりが特にすごいので、定期的にカットです。

シンちゃんがやるとお利口にじっとしています。
結構ダイナミックに切られてるのを知ってか、知らずか。
Cut

カットしたあとは、お腹を見せてクーラーの風にそよそよします。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »