« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月26日 (月)

いよいよカウントダウン

今週金曜に避妊手術を控えたジョニー・キャット。
金曜のお昼に施術し、日曜夕方まで2泊の入院。
夫婦そろって、法事のために帰省で留守にするからだ。

Photo
「撫でれ」でシンちゃんの足にべったり、噛み噛み。
(てかジーパンから足が見えなくて心霊写真ぽくね?・笑)

ジョニーが来てから2人そろって家を開けるのは初めてなので、
入院も兼ねてここに手術を設定したけれど、これでよかったのか。
本来なら日帰りできる手術、他の日にしてすぐに連れて帰るほうが
よかったのかもしれない。
2泊ぐらいなら、お家で留守番のほうがいいのかもしれない。

いやいや。
それはそれでエサやトイレが大変な事になるかもしれない。

2泊も病院で、捨てられたと思ってストレスを感じるかもしれない。

無数の「かもしれない」不安にわたしのほうが入院したくなってきた。

ジョニー・キャットは今まで2回のワクチン以外、外出した事がない。
それもキャリーinで車移動、ワクチンはものの数十分。
どこかに泊まるのも、他の動物を見るのも今回が初めてだ。

ごはんもトイレも、眠りもしないのじゃないだろうか。

気が気じゃないけれど、もう決めてしまったし法事も手術も必要。
預かっていただくのはお医者さんなわけだし、大丈夫さー。

大丈夫と手のひらに書いて、100回飲み込めー!(謎のテンション)

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

いろいろな甘え、遊びの周辺

ひざの上に乗ってきてナデナデ・ゴロゴロというのを
やりたいのだが、「撫でれ」はシンちゃんの担当らしく、
リリにはひたすら「あそべ」。わたしもラヴくナデナデしたい・・・

でもこれがきっとジョニーなりの甘えで、元気な証拠。
いそいそといろんなおもちゃをくわえて持ってくる様子は
何ともいじらしく、とてもかわいい。

ソファに座るリリに、あそんでくださいのポーズ。

Photo


テーブルで何かしていると、やや遠慮がちに遠くから。
猫は意外と、空気を読みます。
3

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

破壊力、底なし

朝、ベッドの上での大あくびをシンちゃんが激写。

リラックス度とともに急上昇するグレムリン指数。ゴクリ。

_a190261

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

ちいさいころの思い出 その2

仔猫時代は、何度もガブリと噛みつきたくなる衝動に
駆られたほど無条件に愛らしかったジョニー・キャット。
(今は無条件に愛おしい)

生後2ヶ月になるかならないかぐらいの頃。
手のひらサイズの小さな身体と、この目で見送られても
どうにか振り切って遅刻せずに出社していた自分を
誉めてやりたい。(社会人として当たり前なのでは?)
Pc180056



飼い主はこのころ、「目のなかに入れても痛くないほど可愛い」
とはこの事かと体感し、てかむしろ目のなかに入れば仕事場にも
連れていけるのにな!クワッ!となっていた。
Pc150018


ノートパソコンの陰に隠れられるほど小さかった頃は、
あっという間に過ぎた。妙に人間ぽい表情の1枚。
Img_0225

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

ガードニャン再び(いつも)

模様替えした部屋の、窓際に入り浸りなジョニー・キャット。

_a160166

こないだは窓に面した廊下を通った人に「あ!ねこ!」と
発見された。ペットOKのマンションなので見つかっても
良いのだが、ちょうど目線の高さぐらいにいるので 
さぞ驚いたでしょう・・・(人間もジョニーも)

_a160168
この家のなかはジョニーにとって大切なナワバリなんだなと、
こうしてビシッと見張っている姿を見ると実感する。
不思議と「外に出たそう」には見えない。

_a160167

何も異常はなかったですか?ジョニー隊長。

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫


| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

猫と模様替え

この3連休を使って、お部屋の模様替え。我が家で
作業部屋(別名オタク部屋)と呼ばれる本とPCのお部屋。

夫婦そろっての活字中毒、マンガ好きに加えて収集癖が
あるという三重苦のため本や雑貨の量が半端ない。
床に積まれた本を救済すべく本棚の購入、組み立て、
配置、整頓まで丸2日かかったが、かなりスッキリした。

_a120104

以前と配置がガラリと変わったお部屋に佇むジョニーさん。
猫は家につくと昔から言うが、環境の変化をじっと観察。
片付けているあいだはお昼寝もせず、ずっとそわそわして
夜行性なのに夜になると電池が切れたように眠っていた。
ジョニーにしてみれば、良い迷惑だったのかもしれない。

窓際は以前も棚を置いていて、そこに登って窓から外を
眺める「ガードニャン」がジョニー・キャットの日課。
お気に入りの場所だけは現状維持しなくてはと
今回もそこに書棚を新たに設置。
_a120095
早速のぼって、気に入ってくれたもよう。
この部屋はマンションの廊下に面しているので
誰かの足音がしたらすぐにここからチェック。

ベランダもこのお部屋も、網戸越しがジョニーにとっての
外の世界のすべて。飼い主が少し切なくなるのは、こんな時
だが、出たそうにしているというよりは縄張りの外を
見張っているふうの猫背のガードニャンが頼もしい。

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

のぞきみジョニーさん

ギラリ。微妙に寄り目。
Pa030092_3

出かける前は、出かけづらくなる仕草で見ます。
Pa030094

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

飼い主の過保護なひとりごと

昨日、避妊手術について獣医さんに問い合わせしたところ
あっというまに予約にまで至り、10/30に決定。

10/30~11/1まで法事で大分に帰らなければいけなく、
(現住まいは大阪)お家には誰もいなくなる。
当初はペットホテルかお留守番かと悩んでいたが、
ちょうどいいタイミングなので手術し、獣医さんで
11/1の夕方まで預かってもらうことにした。
術後の経過も見てもらえて、そのほうが安心なので。

Photo

無心に眠るジョニー・キャット。

こんなに安心して暮らしているのに、突然キャリーに入れられて
知らないところで手術をされる。目がさめても2日間は飼い主も
おらず、いつもの自分のお家でもない、おもちゃもない。

人間だったら、ケガも病気も入院も、事情を説明されて本人が
理解することができる。いつ退院できるかもわかるので
我慢のしようもある。動物にはそれがかなわないのが、
とても哀れでかわいそうで仕方がない。
わけもわからず、何の心の準備もなくいろんな事をされ、
いつ帰れるかもわからないまま、知らない場所で過ごさなくては
いけない。それがなんだか、やみくもにかわいそうに思う。

でも避妊手術は必要な事だし、法事も大切な用事。
お世話になる獣医さんは、とても優しくてちゃんとされている。
心配する事なんて本当は何もないし、仕方がない事だけれど、
なかなか割り切れない。ジョニーにはちゃんと、心があるから。

わたしにできることは、ごめんねと謝ることと、帰りは
空港から車を飛ばして少しでも早くピックアップしてあげること。
そして、そのあとたくさんかわいがること。

してあげられることは、なんて少ないのだろうね。

にほんブログ村 猫ブログ にほんブログ村 MIX長毛種猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »